月別アーカイブ: 2019年3月

カードローンを忘れてて危うくブラックリストに記載される所でした

就職してすぐの頃だったのですが、クレジットカードを自分で作成し、それを公共料金を払う用に使用していました。

基本はそれ以外には使用していなかったのですが、たまたま現金が手元になかった時がありカードで3回払いで購入しました。ですが、カードを使用した事をすっかり忘れており、いつものように公共料金分しか支払いの口座に入金していなかったのでカードが止まってしまい、カード会社から電話が来てしまいました。

最初身に覚えが全くなかったので焦りましたが、話を聞くとようやく思い出し、支払おうとお金を用意しようとしました。ですが、ちょうどまとまったお金を使った直後だったので、お金が全くなくどうしようかすごく焦りました。

親に泣きつこうかお金をキャッシングで借りようかすごく悩みましたが、とりあえず友人に相談してみました。幸いな事に友人に週末だけの短期のバイトを紹介してもらい、前借りでお金をもらえたので、何とか支払えましたが本当に疲れました。

自分が悪いとはいえ、自分の手元に少しでも現金を残しておかないと何かあった時はどうしようもなくなるなと勉強になりました。

それからはどんなに苦しくても給料を一定金額貯金する様になり困る事はなくなりました。あんな事は2度と経験したくないので戒めとして覚えておく様にしています。

学生の時にもレイクを利用しようかすごく悩んだ時期があったので、とりあえず利用しなくても良かったかなと。参考:レイク学生

ギャンブルでの失敗

きっかけはたまたま友達に誘われてやってみたギャンブルで大当たりしたことです。友達から、おまえは才能があると言われ調子にのりました。

その後一人でやってみた時も、少しですが勝ったので本格的に勘違いしてしまいました。

大学をサボってギャンブルに打ち込むようになりました。最初は金額を決めてやっていましたが、だんだんと負けた分を取り戻す為につぎ込むお金が増えていきました。
始めた当初は収支表をつけて管理していたのですが、負けが嵩んでくると見るのが嫌になり、それも止めてしまいました。自分のバイト代だけでなく、親からの仕送りにも手をつけてギャンブルに行くこともありました。

とうとうお金が無くなり、生活もままならなくなり、消費者金融に手をだしてしまいました。それでも勝てば巻き返せるからと借り続けた結果、100万円くらいの借金ができていました。

その頃、母が自分のアパートを訪ねてきました。すさんだ生活を見てすぐに頬をぶったたかれました。その時の母の涙を見て目が覚めました。

家から消費者金融の返済分を借りて完済し、今は実家に戻って家にお金を返済中です。そんなわけで金銭的には今もキツイ状況ですが、家族がいてくれて本当に良かったと思っています。

どこの消費者金融にするかはこちらのサイトを参考にさせていただきました。参考:消費者金融どこがいい