月別アーカイブ: 2019年2月

七五三は着物で。お宮参りは礼服で。【ママさんの服装は難しい】

娘二人の七五三の思い出です。

4つ違いの姉妹です。

女の子は3歳、7歳と行うようなので計3回行いました。

上が7歳、下が3歳の時は同時に出来たので

大変ではありましたが同時に済んで助かりました。

長女の3歳の時、初めての七五三です。

私の実家の両親は初孫だったこともあり

とても喜んで大変なお祭り騒ぎです。

その時に着せた娘の着物は私が幼い頃に着たものです。

母が大事に保管してくれていました。

防虫剤の香りが鼻をついて何とも言えず

とても感慨深いもので、懐かしく

両親も二世代に渡って着ることができたことに

喜びもひとしおのようでした。

髪を結うにも足りず、チョンマゲのようになってしまいましたが

それもよい思い出です。

神社で神主さんにお祓いをしていただき、しっかりお詣りして

そして、両家の両親たちと食事会を開きました。

とてもお喋りで人懐っこい長女だったので、楽しく賑やかな食事会となったことを思い出します。

そして、次女が誕生し、3歳を迎えたころ長女も7歳。

タイミングよく同時に七五三詣りが出来ました。

次女は長女が着たように、私のお下がりの着物を。

そして長女はこれまた私の7歳ころに着た着物が残っていましたが、少し保管状態が悪く、汚れが酷かったので諦めて

母が長女用に新しく新調してくれました。

やはり、昔の私が着物より随分洗練されたデザインで、これはこれで嬉しかったです。

前回に比べてもちろん髪もこの日のために伸ばしていたので

綺麗にセットアップしていただきました。

写真館での撮影もさすが7歳。しっかり撮れました。

家族写真もとてもよい思い出です。

3歳の次女は、甘えっ子だったので、クズクズ言って

少し泣き顔で写っている写真がこれまた思い出です。

最後は次女が7歳の時です。

ドレスをどうしても着たいというワガママ次女のために

チェーン店のスタジオで撮影しました。

着物は持参大丈夫とのことで、もちろん長女の7歳の時の着物を着せました。

時代の流れというか、姉妹の性格の違いというか

それぞれのその時にしか味わえない七五三がとてもよい節目となり、とても思い出深いものとなっています。

着物を次世代に受け継いでもらえたことも

両親に対しての一つの親孝行かなと思っています。

また次の世代に受け継いでもらえたら…と考えると

また楽しみが湧いてきます。

お宮参りの時は着物を着る余裕がなかったので礼服を買いましたね。

安いけど高品質で良かったです。 参考:お宮参り礼服